Return to site

自分の中の会議

図書室にオススメの一冊『どうぶつ会議』

小学校の卒アルの作文になぜか読書感想文を書くおかしな私。

暗くて取り柄もなくて何の出来事もなかったのでしょう。

小6女子の字(汚)と文章(?)とは思えない、感想ではなく、あらすじを書いた作文。

話はゼロトレへ。最近、ゼロトレを購入しました。

ゼロトレもその中の一つですが、最近メディアや雑誌、スクール等でストレッチの方法をたくさん紹介しています。

何に関してもそうですが、何が正しいのか時にわからなくなる。

そんな時は自分を信じるしかない。それは行動して実践して、見ているから信じることが出来るのです。

私の苦手な歴史、試験に出るからと散々教わり(記憶にないが)

数十年後、今更違いましたって!でしょ、今生きてる人は見てないじゃん、経験してないじゃん

この話は長くなるのでやめましょう。歴史の話は関係ないのです。

いわゆるトレーニング、今すぐ結果が出るのなら自分で試して確認できる。

長期の場合、数十年後の為に、今この方法が本当に正しいのか判断できない。

ただ、今試して、カラダが楽になったと感じることは正しいと思う。

今をずっと継続すれば未来のカラダも楽なんじゃないか?

長寿大国日本、100歳以上生きても介護を必要とする確率はかなり高いです。

そんな中、昨日もテレビで紹介されていた、100歳以上で働いている人もいます。

元気に健康に過ごしている方たちは、複数の条件が重なり、良い意味で生かされている。

その条件の一つに努力が必要だと感じます。

学生時代、正確に言うと中学二年の二学期まで(笑)自慢にならないが、勉強をしなかった。

今でもそうですが、嫌いなことを無理してやると頭が爆発します。

そんな私がヨガ講師養成所で、解剖学、生理学、心理学、スピーチ等々を必死に学び

まさかの、実技より筆記試験が100点だったのには驚きました。

ヨガじゃなくてもよかった。カラダについて習得する事が楽しかったのです。

この先何十年とやりたい事をして生きたい。

試して良かったストレッチや現在学んでいるストレッチを信じて続けてほしいです。

ゼロトレについて書きたかったのですが、まとまらぬ私の心情を綴ってしまいました。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly